介護の制度を利用したい場合

介護に困ったら相談できる窓口

入院中に介護について相談したい場合
:病院のソーシャルワーカー(相談員)さんに相談

在宅で生活していて介護に関して困った場合
:近くに介護の事業を行っているところに相談

「介護の相談」、「ケアプラン作成」、「居宅支援事業所」の文字があるところ。

担当の職員(主にはケアマネージャさん)が生活で困っていることを聞き取った上で相談に乗ってくれます。

介護保険の認定の申請などを代理で行っているところも多いです。

相談窓口として主に、お近くの地域包括支援センターへ

 

介護保険の申し込み方法

役所の介護保険担当の窓口へ行って、申請を行う必要があります。
病院や介護施設の相談員、在宅のケアマネージャーが代理で申請してくれますので相談を。

新規申請には、

1.「主治医意見書」の作成
2.調査員による認定調査

が必要なので先ずはかかりつけの医療施設へ相談を。
(介護保険の申請から認定がおりるまで、およそ1か月かかります)

*末期がんなどで介護保険の認定を急ぎたい場合は申請の際にその旨を伝えてください。できるだけ至急で対応してくれるはずです。

 

介護保険で利用できるサービス

在宅で生活する場合

・ヘルパー(訪問介護)
・デイサービス(通所介護)
・デイケア(通所リハビリ)
・訪問リハビリ
・訪問看護

などの医療的なサービスも医者の指示のもと利用することが出来ます。

車いす・介護用ベットなどの福祉用具のレンタル、住宅改修補助などのサービスも受けることが出来るので、介護の環境を整えることができます

在宅で生活しているけども、家族が用事で家を空けなければいけなかったり・介護疲れを解消するために利用するショートステイ(短期入所)のサービスもあります。

 

リハビリを行い、在宅へ復帰することを目指す:

介護老人保健施設 (要介護1以上)

終身で施設を利用することが出来る:

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) (要介護3以上)