介護のことを相談するところ

突然やってきた介護

骨折で入院して、車椅子生活になった、脳梗塞でその後の対応がわからない、最近になって親の言動や行動がおかしい(認知症かもしれない)など介護は突然始まります。何をどうして良いのかわからないときに相談するところ

 

介護のことを誰に相談すればいいのかわからないときは、

地域包括支援センター

 

地域包括支援センターは各市町村に置かれている、高齢者に関する総合相談窓口です。名称は、高齢者相談センターなど地域によって異なります。

その地域に住んでいる高齢者が住み慣れた地域で安心して生活していけるよう、専門の知識を持った職員(ケアマネジャー、保健師、社会福祉士、看護師等)が、その地域に住む65歳以上の高齢者やその家族を対象に支援を行っている機関です。

 

高齢者本人や家族のさまざまな悩みについても無料で相談できます。

介護だけではなく、高齢者についての幅広い相談ができるため、介護について悩んだらまずは地域包括支援センターへ行ってみましょう。

 

地域包括支援センターの高齢者自身や高齢者家族にとって役割

総合相談

高齢者に関する幅広い相談を受け付けており、
必要に応じて自宅への訪問、社会サービスの紹介を行います。

権利擁護

高齢者虐待や詐欺の予防、早期発見、対応、そして成年後見制度の利用のサポートなど、高齢者が安心して生活していけるよう支援をします。

社会福祉士、保健師、ケアマネジャーが在籍しており、
各専門職が相互に、また他機関と連携して支援を行います。

「家族の介護で困っている」
「お隣のおばあちゃんの様子が最近おかしいんだけど…」
「もしかしたら詐欺にあったかもしれない…」

など、高齢者に関する不安がありましたら相談してみてください。
必要に応じて他の機関なども紹介してくれます。

 

介護が必要になる前に準備できること

介護が必要になる時は、突然やってきます。というわけではありません。
ある程度の年齢になると必要になります。

つまりは、『予測できる。』ということになります。

予測できることは準備がしやすいです。

 

準備することは以下の2点です。

すぐに動き出せるようにしておく

介護保険は、健康保険のように、保険証を持っていれば使えるというものでは無いです。使うためには、介護認定を受ける必要があります。

今現在サービスを受ける必要がなくても、どのような手続きを踏むのか確認して置きましょう。(認定を受けるには心理的なハードルがあります。)

介護や医療の専門家とつながりを持っておく

サービスを受けるためには事業所が必要です。

介護認定を受けて、それからサービスを探すのでは遅い場合があります。
何処にどんなサービスがあるのか、運営主体は何処か把握しておくことも大切です。

 

運営主体は、圧倒的に社会福祉法人が料金、質的にもおすすめです。

しかし、都市部の特養(社会福祉法人のみ運営可)などは、入りにくいのが現状です。順番を待つだけでは入ることはできません。

 

スムーズに入居するには

・早くから、関連のデイサービス ケアマネージャーなどの選考がないサービスを利用する。
・自治会(地域のコミュニティ)などを通して、施設と関わりを持っておく。

などを行うとスムーズに行く場合があります。

 

理由は、
『見たことある人の方が、対応しやすいから。』です。

 

周りに関わりを持ち、社会と接点を持つことは

介護をする上で非常に重要になってきます。

自分たちだけでどうしようもなくなる、必要になる前の準備が大切です。