介護施設の選び方

介護施設にはリハビリや認知症ケアなどを目的としたホームや

軽度介護さらに重度介護というように、いくつか種類に分けることができます。

 

老人施設 種類

1.介護老人施設

・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
・介護老人保健施設(老健)
・指定介護療養型医療施設

2.養護老人ホーム
3.軽費老人ホーム(A型、B型、ケアハウス)
4.グループホーム
5.高齢者向け介護付き共同住宅
6.有料老人ホーム

 

介護施設を申し込むときの注意点

老人ホームは複数申し込みましょう

実際に行ってみる

老人ホームを検討する場合、パンフレットやHPで写真を見るだけでは本当のことが分かりません。その写真は新築の時に撮られた物だからです。

実際に行ってみると確かにその建物だけれども、古くなってイメージが違うことがよくあります。写真の方が明るく清潔に感じることも殆どです。

イベントなども紹介されていますが、施設により内容が不十分なところもあります。

スタッフの対応をみる

受付の事務の方やケアマネージャーさんは親切でも、現場のスタッフがそうでもない時があります。

施設見学の時に、スタッフさんが入居者にどのような対応をしているか観察することが必要です。

複数申し込む

直ぐに入居できることは殆どなくて順番待ちだと思いますが、色々なタイプの施設を同時に申し込むことをお勧めします。

お年寄りの体調は、ずっと同じではないので、介護老人保健施設、認知症のグループホーム、特別養護老人ホームなど色々なタイプに申し込みましょう。

そしてどこかに入居できたとしても、他をキャンセルしてはいけません。

体調を崩して入院した場合、退所扱いになって、もうその施設に戻れなくなっては困るからです。

 

注目の介護老人施設

「介護老人施設」とは、老人福祉法に規定する特別養護老人ホームであって、入所する要介護者に対して施設サービス計画に基づいて行われ、介護が必要なご高齢者を支援していく施設です。

比較的病状が安定し、入院や治療などは必要ないけれど、リハビリや介護といったケアサービスが必要という要介護認定を受けられた方が入居できます。

大抵の場合、入居期間が3ヶ月と限られているこの老人ホームは、病院から自宅へ移るための準備期間、さらに、病院から老人ホームへ移るためのリハビリを行う準備期間に利用するものとして利用されています。

 

介護老人施設は、主に3種類に分けられています。

介護老人福祉施設(通称:特別養護老人ホーム)(特養)
介護老人保健施設(通称:老健)
介護療養型医療施設

 

特別養護老人ホームは費用が安く、最期まで診てくれるので人気です。

入院しても戻って来れるところも利点です。何年も待たないといけないところもありますが、特にキャンセルしてはいけない施設だと思います。