手持ちの服にひとつだけカラーを取り入れるなら?おすすめのワンポイントカラー

手持ちの服にひとつだけカラーを取り入れるなら?おすすめのワンポイントカラー

 

お家のクローゼットに、なんとなく物足りなさを感じたことはありませんか?

ついコーディネートのしやすさを優先してしまい、無難な色を選びがちですよね。

たまにはカラーも取り入れてみたいと思っても、自分に似合うのか、上手く合わせられるか不安に思う人が多いことでしょう。

今回は、おすすめのワンポイントカラーと、カラーコーディネートのコツをご紹介します。

・おすすめのワンポイントカラー3選
-イエロー
-パープル
-グリーン
・カラーを取り入れるならどこがおすすめ?
・カラーものと相性の良い万能カラーは?

 

おすすめのワンポイントカラー3選
カラーをあまり着たことがない人にもおすすめの3色をご紹介します。

イエロー

黄色人種である日本人の肌に馴染みが良い、イエローがおすすめです。
茶色が混ざったようなマスタード系と、青みが強いレモンイエロー系の、2種類に大きく分けられます。
「黄色は似合わない」と思っていた人でも、マスタードかレモンイエローのどちらかを試すと、意外と着られると感じることもあるので、ぜひ試してみてください。

パープル

パープルなどの寒色系は、肌が白く見える効果があるので、ぜひトップスに取り入れて頂きたい色です。
華やかでありながらシックな印象で、ひとつ着用するだけでコーディネートの主役になります。
淡いパープルはフェミニン、濃いパープルはスタイリッシュな雰囲気になります。

グリーン

派手な色は勇気が出ない、という人におすすめのグリーン。
ベーシックカラーのカーキに近い色なので、初めて身につけても馴染みやすいです。
柔らかく、落ち着いた印象になります。

 

カラーを取り入れるならどこがおすすめ?

お洋服にカラーを取り入れるのが不安な時は、小物から挑戦してみましょう。
なるべく顔から遠い所ならば、あまり抵抗なく試すことができます。
バッグや靴を華やかな色にすると、コーディネートがグッと魅力的になります。
低予算で抑えるなら、イヤリングなどのアクセサリーもおすすめです。

 

カラーものと相性の良い万能カラーは?

いざカラー物を買っても、合わせ方が分からないと着る機会が減ってしまいますよね。
そんな時はグレーやベージュと組み合わせてみましょう。
白や黒よりも、カラーの印象がキツくならず、全体的に柔らかくまとまります。
特にグレーは寒色系、ベージュは暖色系と相性が良いです。

 

まとめ

新しいカラーに挑戦するのは勇気がいることです。
しかし、意外と周りの人から褒められたり、鏡を見たときの自分が新鮮に見えたり、嬉しい体験もできます。
ひとつ挑戦してみると、他にも好きな色を見つけたくなるかもしれません。
ぜひ大好きなカラーを見つけて、新しい自分を楽しんでください。